地域ニュース

早い梅雨入り、案じる農家 広島県世羅で多湿・日照不足、野菜・果樹が病気の恐れ

2021/5/22 22:50
湿気対策などを整えたピーマン畑で生育状況を確かめる村上さん(左)

湿気対策などを整えたピーマン畑で生育状況を確かめる村上さん(左)

 中国地方が異例の早さで梅雨入りし、農業が盛んな広島県世羅町の法人や農家が生育や作業への影響を懸念している。多湿や日照不足で野菜や果樹の病気が発生し、梅雨が長引けば水稲の苗の生育に響く恐れもある。目配りを強め、病気を警戒するなど対策に努めている。
(ここまで 123文字/記事全文 724文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧