地域ニュース

三江線の跡地を撮影スポットに 島根県川本町観光協がPR

2021/5/24 21:21
旧石見川本駅のホームで記念撮影する考基さん(左)と光さん(中)

旧石見川本駅のホームで記念撮影する考基さん(左)と光さん(中)

 廃止になった旧JR三江線の線路や駅ホームで、結婚式の前撮りを―。島根県川本町観光協会が、石見川本駅(同町)の跡地活用につなげようと、今夏に式を予定する江津市の新婚カップルの要望を受けて、初めて実現させた。本来立ち入れない線路も歩ける撮影スポットとして、利用をPRする。

 昨年12月に結婚したJR西日本の運転士持田考基さん(26)と、公務員の光さん(25)が20日に撮影。考基さんは制服、光さんはドレスを着て、線路上を歩いたり見つめ合ったりしながら写真に収めた。ホームや改札口、待合室でも撮り、バラの花で飾った「レールバイク」にも乗った。

 光さんが今年8月の結婚式を前に、考基さんの仕事に関係する場所での写真を希望。駅で撮影できると知り、同協会に申し込んだ。考基さんは「普段レールの上を歩けないので貴重な体験ができた」。光さんは「自然豊かですてきな場所だった。夫の制服姿も見られて満足」と喜んだ。

 同協会は2018年4月の廃止後、レールバイクの乗車体験イベントを開いてきた。職員の大久保一則さん(34)は「線路に入れるのは廃止された路線ならでは。イベント以外の活用が広がるきっかけになれば」と期待した。(鈴木大介)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧