地域ニュース

コワーキング、東広島に続々 学生や会社員多く自然豊か、5・6月で3カ所

2021/5/29 21:05
LaPlaceの開業に向けて準備を進める堀江さん(右)たち

LaPlaceの開業に向けて準備を進める堀江さん(右)たち

 東広島市内にコワーキングスペース(共有オフィス)が相次いで誕生している。2月に開設された1カ所に続き、5、6月で3カ所がオープン。学生や広島都市圏への通勤者が多いことや、自然に恵まれた地域性を生かそうと、それぞれ特色あるコンセプトを打ち出す。新型コロナウイルス禍の中での働き方の変化を追い風に、市も助成金で後押しする。
(ここまで 160文字/記事全文 896文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧