地域ニュース

安芸高田市長の再議、識者は妥当性に否定的 副市長否決

2021/6/3 23:37
石丸市長

石丸市長

 安芸高田市の石丸伸二市長が副市長の選任同意案の議決過程で条例違反があったとして再議に付す意向を表明したことについて、識者は妥当性に否定的な見方を示している。市民生活への直接的な影響の少なさや、議決を覆すことを目的としていない点などを理由に挙げている。

  【関連】市長、副市長否決は「条例違反」と再議伝達 議長は違反否定

 地方議会に詳しい日本大法学部の林紀行准教授(政治学)は、再議に付すのは市民生活に重大な影響が及ぶ場合との認識を示す。石丸市長が違反に該当する法令として市の議会基本条例を挙げている点も疑問視し「議会が自律するための条例で、市長が取り上げるべきではない」と指摘する。

 同条例で定める議員間の自由討議ができていないとした石丸市長の2日の主張についても「各議員が持つ1票をさまざまなてんびんに掛けた上での判断で、個人の問題。討議ができたかどうかは市民や議会が判断すること」と強調する。

 ▽片山善博氏は…
(ここまで 408文字/記事全文 664文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧