地域ニュース

往診で接種、医師に「協力金」 東広島市ワクチン、6月末にも開始方針

2021/6/4 8:00

 東広島市は、在宅介護を受けるなどで家から出にくい人に往診で新型コロナウイルスのワクチンを打った医師に対し、「協力金」を支払う方針を決めた。今月末にも始めたい考え。さらに、高齢者や障害者の一部に交付している交通費の助成も増額する意向で、「移動困難者」への接種を加速する。
(ここまで 135文字/記事全文 640文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧