• トップ >
  • トピックス >
  • 首相、安倍氏と二階氏に1・5億円問題の説明求める考え示さず 本紙質問に書面回答

トピックス

首相、安倍氏と二階氏に1・5億円問題の説明求める考え示さず 本紙質問に書面回答

2021/6/5 0:00

河井案里氏の陣営に対する1億5千万円提供問題に関する菅首相の書面回答

 菅義偉首相は4日、2019年参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件に絡み河井案里元参院議員の陣営に自民党本部が1億5千万円を提供した問題で、当時総裁だった安倍晋三前首相(山口4区)と二階俊博幹事長に対し、実態解明を進め、説明責任を果たすよう指示する考えを示さなかった。5月28日の首相会見で指名されなかった中国新聞の質問に書面で答えた。

 中国新聞は、二階氏が5月の記者会見で「私は関与していない」とした発言を翻し、組織決定の責任者は「総裁(安倍氏)と幹事長」と述べたことを指摘。現在の自民党総裁として、二階氏に資金提供の経緯や使途の調査、公表を指示したり、安倍氏に説明の機会を設けるよう要請したりする考えがあるかを尋ねた。

 これに対し菅首相は「ご指摘の資金の使途の詳細については検察当局に押収されている関係書類が返還され次第、党の公認会計士が内規に照らして監査を行い、しっかりとチェックすることとなっています」とだけ返答した。資金提供に関する質問を無視した上、これまで記者会見や国会で繰り返してきた発言から一歩も踏み込まなかった。安倍、二階両氏については全く触れなかった。

 質問と回答がかみ合っていないことについて、官邸報道室を通じ首相側に見解をただすと、「書面で回答した通りだ」(総理室)と返ってきた。

 加藤勝信官房長官(岡山5区)はこの日の記者会見で、首相の回答書面について「かみ合うか、かみ合わないかを私は評価する立場にない」とし、これまでの首相の会見での対応も「質問にはできるだけ丁寧に答えるべく努力をしている」と評した。

 1億5千万円の提供問題を巡って二階氏はその後、記者会見で質問に正面から取り合おうとしない。2日には、安倍、二階両氏の国会説明を求める立憲民主党など野党3党の申し入れを自民党は退けた。(下久保聖司)


【関連記事】

1億5000万円で安倍氏の説明要求、自民は拒否 「とやかく言われる話ではない」

二階氏「政治とカネは随分きれいになった」 1億5千万円提供問題には答えず

権謀の1億5000万円 河井陣営へ大金動かしたのは…


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧