• トップ >
  • トピックス >
  • 【速報】笹生が全米女子オープン制覇 史上最年少タイ19歳11カ月17日

トピックス

【速報】笹生が全米女子オープン制覇 史上最年少タイ19歳11カ月17日

2021/6/7 9:34

 【サンフランシスコ共同】女子ゴルフの笹生優花が6日、サンフランシスコのオリンピック・クラブで行われた全米女子オープン選手権で畑岡奈紗とのプレーオフを制して優勝した。女子最高峰の大会で、主催する米国ゴルフ協会によると日付まで同じ史上最年少タイの19歳11カ月17日。日本人の父とフィリピン人の母を持つ大器が、第76回を数える舞台の歴史に、日本勢として初めて名を刻んだ。

 笹生は「本当に信じられない。家族にありがとうと言いたい。彼らがいなければここにいなかった」と目を潤ませ喜びを語った。

 女子のメジャーは歴史や格があるとして米女子ツアーが5大会を指定。日本女子では1977年全米女子プロ選手権の樋口久子、2019年全英女子オープンの渋野日向子に続き3人目の制覇となった。

 笹生は日本国籍も持つが今大会はフィリピンの選手としてプレーし、東京五輪も母の母国の代表となる見込み。力強いショットで日本ツアー参戦1年目の昨年に2勝を挙げた。

 男子では4月に松山英樹がマスターズ・トーナメントで日本男子初のメジャー制覇を果たしたばかりで、ゴルフ界に快挙が続く。第一人者の畑岡を含め、東京五輪への期待も高まっている。

【全米女子オープン選手権】
笹生2打差6位、畑岡26位 第1日
笹生が首位に、畑岡9位 第2日
全米女子、笹生1打差2位に後退 第3ラウンド、畑岡は6位


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧