地域ニュース

おろち号の存続要望 島根知事ら、JR米子支社に

2021/6/7 22:59
牧原支社長(右端)に要望書を手渡す石飛市長(左から3人目)たち

牧原支社長(右端)に要望書を手渡す石飛市長(左から3人目)たち

 JR西日本が島根県東部の木次線を走るトロッコ列車「奥出雲おろち号」の運行を車体の老朽化で2023年度に終える方針を示したのを受け、丸山達也知事と4市町の首長が7日、米子市の米子支社を訪れ、牧原弘支社長に存続を要望した。トロッコ列車が観光振興の柱であると訴えた。
(ここまで 131文字/記事全文 428文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧