地域ニュース

中学3年と高校3年にワクチン優先接種 広島県坂町、受験・就職控え配慮

2021/6/10 20:42
坂町役場

坂町役場

 広島県坂町は、64歳以下を対象にした新型コロナウイルスワクチンの一般接種について、町内に住む中学3年と高校3年の生徒たちを優先すると決めた。高校や大学の受験、就職を控えた子どもたちに安心して勉強などの準備を進めてもらう目的。県内の自治体で、受験生たちを優先する方針を打ち出したのは初めてとみられる。

 対象は、中学3年と高校3年の生徒、本年度中に18歳になる人で計約250人。7月上旬に接種券を送って予約の受け付けを始め、早ければ7月10日にも接種を始める。木、土、日曜に町民センターである集団接種で打つ。町民生部の藤本大一郎部長は「少しでも安心して受験勉強などができるようにしたい」と説明している。

 同町は、64歳以下の一般向けワクチンについて、まず基礎疾患のある人や高齢者施設・居宅・訪問サービス事業者の職員、60〜64歳を最優先して6月下旬に予約、接種を始め、小中学校や保育所の教職員たちへ7月末に接種する方針でいる。(二井理江) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧