地域ニュース

1300年の歴史 有福温泉再生「ラストチャンス」

2021/6/11 10:33
官民が再生を図る有福温泉の温泉街(画像の一部を修整しています)

官民が再生を図る有福温泉の温泉街(画像の一部を修整しています)

 江津市の有福温泉の再生に向けた計画が観光庁の補助事業に採択され、事業が本格的に動きだす。災害や観光客の減少のあおりで旅館が3軒に減った温泉街。本年度は広島や地元の企業が参入し、廃業した旅館を改装して宿泊施設や飲食店を開く。市も手付かずの空き旅館を解体し、展望デッキを整備する。人口減少と高齢化が進む地元から「ラストチャンス」との声が上がる。

 市の計画によると、4年前に営業をやめた空き旅館6棟のうち2棟を、広島市安佐南区の企業が旅館として再生する。別の空き旅館も江津市内の企業がゲストハウスに改装。宿泊者の受け入れは現在、稼働している3施設計20室から、5施設計46室に増える。既存の旅館も含めて、高級▽インバウンド▽湯治場―などと客層をすみ分ける。

 ▽露天風呂付きキャンプサイトも計画
(ここまで 344文字/記事全文 1094文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧