• トップ >
  • トピックス >
  • 12〜15歳に7月4日からワクチン接種 広島県神石高原町、230人対象

トピックス

12〜15歳に7月4日からワクチン接種 広島県神石高原町、230人対象

2021/6/12 10:16

神石高原町役場

 広島県神石高原町は7月4日から、新型コロナウイルスのワクチン接種の対象に12〜15歳を加える。今月14日に対象の約230人に接種券を発送する。県内の自治体で12歳以上を対象に加えるのは初めてとみられる。

 【県別のワクチン接種数】

 同町では65歳以上の接種が順調に進み、5月31日に16〜64歳の接種を始めた。今月10日時点で16歳以上の約7880人の約6割が1回目の接種を終えたという。国が今月、米ファイザー製ワクチンの接種対象年齢を16歳以上から12歳以上に引き下げた判断に合わせ、対象を拡大する。

 12〜15歳の接種には保護者の同意が必要になる。予約は16歳以上と同様に電話とインターネットで受け付ける。町保健福祉課は「学校や家庭内感染の防止効果も期待できる。引き続き希望者の接種完了に向けて取り組む」としている。(吉原健太郎) 

【関連記事】

職場接種に「千人の壁」 中国地方の企業、対象者集めに苦戦

大規模接種、なぜガラガラ 予約・移動…80代会場遠く

中学3年と高校3年にワクチン優先接種 広島県坂町、受験・就職控え配慮


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧