地域ニュース

長引くコロナ禍に悩む教員、「指導・負担増」6割 広島大研究センター調査

2021/6/13 22:59

 広島大教育ヴィジョン研究センター(EVRI)は、幼稚園から大学までの教員を対象に新型コロナウイルス禍による困り事を尋ねるアンケートをした。約6割が指導の難しさと業務の負担増を挙げ、長引くコロナ禍に苦悩する現場の実態が浮かび上がった。
(ここまで 117文字/記事全文 820文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧