• トップ >
  • トピックス >
  • ドリルで穴、のこぎりで切り込み… 光の国天然記念物「峨嵋山樹林」計207本被害【動画】

トピックス

ドリルで穴、のこぎりで切り込み… 光の国天然記念物「峨嵋山樹林」計207本被害【動画】

2021/6/15 22:31

切り倒された峨嵋山樹林の木=10日(山口県提供)

 山口県は15日、光市の室積公園にある国の天然記念物の峨嵋(がび)山樹林で、207本の木がのこぎりやドリルで傷つけられたと発表した。光署が文化財保護法違反の疑いで捜査している。

 【写真】穴を開けられたり倒されたりした樹木

 県によると、6月1日に自然公園指導員がヤマモモやスダジイなどの木に損傷を見つけた。公園内の約0・5ヘクタールで、のこぎりとみられる刃物の切り込みやドリルによる直径約1・5センチの穴が根元付近を中心に多数あり、約100本が倒れていた。一部は枯死した。山道から奥に入った場所でも被害があったという。指導員が2月に巡回した際には異常を確認できなかった。

 県は10日に光署へ通報。現場の立ち入りを禁止し、地元の小学校へ注意を喚起した。文化財保護法に基づいて15日に文化庁へ届け出た。県教委社会教育・文化財課の谷元憲治課長は「非常に残念。文化庁と相談しながら今後の対応を考えたい」と話した。

 峨嵋山樹林は瀬戸内海西部の沿岸を代表する常緑樹林として1932年に国の天然記念物に指定された。室積観光ボランティアガイドの会の松井須賀子さん(77)は「大切な観光資源が傷つけられ、とても残念だ。誰が何のために」と困惑していた。(川上裕、山本真帆)

【文化財などが被害に遭った過去の事件】

錦帯橋にバイク侵入 岩国、橋板322枚にタイヤ痕

錦帯橋、今度はスケボー侵入か 傷4カ所、岩国署が捜査

帝釈峡の「雄橋」また落書き、国天然記念物

福山城にもひっかき傷 国重文門など9カ所

福山市鞆の国重文「太田家住宅」も傷被害 別の文化財でも見つかる



この記事の写真

  • 国の天然記念物に指定されている峨嵋山樹林が広がる室積公園(手前左)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧