地域ニュース

個別避難計画の作成体制づくり 福山市長が本年度着手方針

2021/6/16 13:05

 福山市の枝広直幹市長は15日、自力避難が困難な高齢者や障害者の個別避難計画の作成を進める体制づくりに本年度着手する方針を示した。要支援者の逃げ遅れを防ぐため、個別計画の作成を市町村の努力義務とした5月の改正災害対策基本法の施行を受けた対応で、市議会定例会の一般質問で答えた。計画が未作成の要支援者が4割強に上る中、より支援が必要な人の計画づくりを急ぐ。
(ここまで 177文字/記事全文 556文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

防災の最新記事
一覧