「原爆の日」特集

【2014平和のかたち〜ヒロシマから】児童文学作家 那須正幹さん

2014ヒロシマ2014/8/1 10:01
児童文学作家 那須正幹さん

児童文学作家 那須正幹さん

 相手の立場 考える力を

 3歳で被爆した。原爆の話を書こうと思ったのは防府市に移り住み、長男が生まれてから。あまりにも身近すぎて文学の対象にならないと考えていたが「子どものために書いておきたい」との気持ちが湧いた。

 戦争児童文学として、もう少し書きたいことが出てきた。通常、子どもは被害者だが、加害者になる悲劇もある。子どもも命のやりとりをせざるを得ないのが戦争だ。

 日本児童文学者協会が設立70周年を記念して発刊する児童書の原稿を、先日仕上げた。タイトルは「少年たちの戦場」。4話の短編連作で主人公は12〜14歳。太平洋戦争の沖縄地上戦の学徒通信兵たちを描いた。

 本格的に書き始めたのは昨夏。この間、安倍晋三首相は憲法を骨抜きにした。特定秘密保護法で表現の自由や知る権利を規制し、武器輸出三原則を緩和。集団的自衛権を使える閣議決定もした。書いているうち、いつでも戦争ができる時代になってしまった。

 若い人からも核武装や憲法改正を望む声が出る。本人が戦争に行くことは考えず、誰かが行くと思っている。想像力が欠けている。

 なぜか。相手の立場になって物事を考えることが足りないのではないか。自分の主張と逆の立場で考えることをせず、視野が狭くなっている。憲法9条を守るのは「平和ぼけ」と批判されるが、相手をやっつければいいと考える人たちの方が、よほど平和ぼけ。

 安倍首相が言う「積極的平和主義」は、戦争にならないよう抑止力を高め、よその国の紛争に出掛けていって鎮圧するということ。でも抑止力だけに頼ると、兵器や軍備の拡充に際限がなくなる。偶発的に戦争が起きる可能性も高まる。

 為政者は世の中を急にではなく、少しずつ少しずつ変えていく。だから若い人には自分好みの情報をかき集めるのではなく、いろんな本を読んでほしい。考えの違う人と話をしてほしい。世の中を注意深く観察し、何か変だと思ったらすぐに声を上げないと。(聞き手は村田拓也)

なす・まさもと

 広島市西区出身。3歳の時、爆心地から約3キロ、現在の西区己斐本町の自宅で被爆した。1968年に児童文学の創作を始め、78年からの「ズッコケ三人組」シリーズは50巻で完結した。2011年には、広島の戦後を描いた「ヒロシマ」3部作を発表。12年に日本児童文学者協会賞を受賞した。防府市在住。72歳。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2014ヒロシマの最新記事
一覧

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】漫画家・西島大介さん (8/15)

    価値観の違い 考えたい 「平和のために、これをしなきゃ駄目」と強制されない状態が平和なのではないか。平和を求めるデモに参加するのも、家族の平和を優先するのも、同じくらい大事。「絶対的な平和」というのは...

  • 核兵器禁止・脱原発を 原水協・禁、長崎で世界大会閉幕 (8/10)

     日本原水協などと原水禁国民会議などが主催する二つの原水爆禁止世界大会は9日、それぞれ長崎市で閉幕となる集会を開き、全日程を終えた。 原水協は、締めくくりのナガサキデー集会を開き、約2千人(主催者発表...

  • 両者の路線の違い鮮明に 来年見据え、歩み寄りを (8/10)

     来年迎える被爆70年と核拡散防止条約(NPT)再検討会議。今夏の日本原水協などと、原水禁国民会議などの二つの原水爆禁止世界大会は、1年後に迫る節目と正念場を見据え、核兵器をなくすための具体的な議論に...

  • 「核廃絶を」 広島でも黙とう (8/10)

     長崎原爆の日の9日、広島市と広島平和文化センターは「長崎原爆犠牲者慰霊の会」を中区の原爆資料館東館で開いた。被爆者や市民たち約50人が参加。亡くなった人たちを悼み、ヒロシマ、ナガサキ両被爆地で手を携...

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】中国残留孤児・中村美智子さん (8/10)

    ガザの子ども 姿重なる テレビでイスラエルと、パレスチナ自治区ガザの紛争のニュースを見ると、胸が痛む。 破壊される街。飛び交う銃弾。多くの子どもたちが傷つき、そして泣いている。戦争に負け、逃げ惑った当...