• トップ >
  • トピックス >
  • 広島・東広島・廿日市の酒提供店に県が時短要請へ 緊急事態宣言解除後も【動画】

トピックス

広島・東広島・廿日市の酒提供店に県が時短要請へ 緊急事態宣言解除後も【動画】

2021/6/18 0:06

広島県の集中対策について説明する湯崎知事=17日夜、県庁(撮影・天畠智則)

 政府は17日、広島、岡山両県など全国10都道府県に出している新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を、沖縄県を除き、20日の期限をもって解除すると決めた。広島県は21日から3週間、県独自の集中対策をすると決定。広島、東広島、廿日市3市の酒を出す飲食店に絞って営業時間の短縮を要請するほか、全ての県民に外出機会の半減を促す。岡山県は岡山市を「重点強化区域」とし、飲食店に時短を要請する。両県は感染の再拡大に警戒しつつ、制限の段階的な緩和に入る。

 広島県は17日夜、県幹部による対策本部員会議を県庁で開き、21日〜7月11日の集中対策を決めた。湯崎英彦知事は記者会見で「早く行動制限を解除するために感染を徹底的に抑え込む必要がある」と強調した。

 6月21日から県内全域の飲食店で酒の提供を可能にしつつ、広島、東広島、廿日市3市の酒を出す飲食店には営業を午後8時まで、酒の提供を午後7時までの範囲内に短縮するよう要請する。全ての期間を通じて応じれば、協力金を出す。一定の人口規模があり、感染状況が他市町に比べて改善していないのを踏まえた措置とした。

 3市の施設には時短営業を働き掛けるほか、全ての県民への外出機会の半減や、同居する家族以外との会食の自粛の要請は継続する。事業者には引き続き、出勤者の7割減を目標にしてもらう。

 県は、直近1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)で4・0人とする独自の警戒基準値を安定的に下回るまで抑え込めば、再拡大を避けられると分析している。下回る時期は、過去のデータを基に、県全体は6月下旬、広島市は7月上旬と予測している。感染状況次第で、さらなる対策緩和の前倒しも検討する。

 岡山県は岡山市の飲食店に営業を午後9時まで、酒の提供を午後8時までに短縮するよう要請する。期限は今月30日まで。伊原木隆太知事は「感染者の半分がいる岡山市での感染を抑えられれば、県全体を抑えられる」と説明した。また県全域を21日〜7月20日、「リバウンド防止強化期間」に設定。外出の半減や、4人以下で2時間以内の会食など「岡山ルール」を県民に求める。(宮野史康、中島大) 

【関連記事】

広島県全域で酒提供を21日から再開 広島・東広島・廿日市は午後7時まで

広島市、原爆資料館など474施設を21日から順次再開 緊急事態宣言20日解除受け

接種予約わずか3人 1日2000人想定の広島サンプラザ会場、19・20日中止

五輪ボランティア希望者に「都庁で接種を」 組織委要請、交通費は自腹 広島の登録男性困惑



この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧