コラム・連載・特集

河井元法相に実刑判決、懲役3年 東京地裁、参院選での全100人買収認定 「民主主義の根幹害した」

2021/6/18 23:02
東京地裁へ向かうため都内のマンションを出る克行被告=18日午後0時40分(撮影・大川万優)

東京地裁へ向かうため都内のマンションを出る克行被告=18日午後0時40分(撮影・大川万優)

 2019年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、地方議員や後援会員ら100人に現金を配ったとして公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相で元衆院議員の河井克行被告(58)の判決公判が18日、東京地裁であり、高橋康明裁判長は懲役3年、追徴金130万円(求刑懲役4年、追徴金150万円)を言い渡した。

 判決は広島県内の地方政治家40人を含む100人全員に対する総額2871万円の買収罪の成立を認めた。克行被告は即日、東京拘置所に収容され、弁護側は控訴した。

 高橋裁判長は「民主主義の根幹である選挙の公正を害する。刑事責任は同種の選挙買収事案の中でも際立って重い」と強調。克行被告が公判の途中で大半の買収行為を認めた点を踏まえても「相当期間の実刑に処するのが相当」と断じた。

 公判では、克行被告側は地方議員らに渡した現金の趣旨について「買収は主目的ではない。(19年春の)統一地方選の当選祝いや陣中見舞いだった」などと主張したが、判決は「たとえそのような目的を有していたとしても、買収認定を覆すものではない」と指摘。選挙情勢や現金授受の時期などを踏まえ「選挙買収と認められる」とした。

 一方、参院選前に自民党本部が克行被告と妻の案里元参院議員(47)=有罪確定=の党支部に提供した計1億5千万円や買収資金の原資には言及しなかった。

 被買収側の100人が起訴されていない点については、検察官の訴追裁量権を逸脱するとは到底言えないと述べた。

 判決によると、衆院広島3区選出の自民党衆院議員だった克行被告は19年3〜8月、案里氏を当選させる目的で100人に計2871万円を渡した。うち、県議4人への160万円の提供は、案里氏と共謀した。

 克行被告は昨年8月の初公判で全面無罪を訴えたが今年3月の被告人質問で主張を転換。100人のうち90人への買収目的を認め、陣営スタッフら10人への金について無罪を主張していた。4月1日に議員を辞職。弁護側は、反省して社会的制裁も受けたなどとして執行猶予付きの判決を訴えていた。

 案里氏は2月に懲役1年4月、執行猶予5年の有罪判決が確定している。

 <クリック>2019年の参院選広島選挙区 3年ごとの参院選で2議席が改選され、通常は与野党で議席を分け合う無風区だが、19年7月の参院選では、いずれも自民党の現職溝手顕正氏と新人河井案里氏、野党系の無所属現職の森本真治氏が激戦を展開。森本氏と案里氏が当選し、6選を狙った溝手氏は落選した。案里氏を応援していた自民党本部が参院選前に河井夫妻側へ計1億5千万円を提供。地元の党広島県連が支援していた溝手氏への提供額の10倍に当たり、批判を集めている。

【詳報・克行被告第57回公判・判決】
<1>主文/罪となるべき事実など
<2>渡辺典子ら6人への現金交付について(1)
<3>渡辺典子ら6人への現金交付について(2)
<4>後援会員に対する現金授受についてなど
<5>罪となるべき事実について
<6>公訴権濫用の主張/量刑の理由

【関連記事】

「仲間づくり」買収認定 東京地裁、情勢や時期から判断 克行被告、指先震わせ

これで終わりではない 河井克行被告実刑判決

【解説】寄付慣習の政界に一石 河井克行被告判決

「実刑は当然」「判決受け入れるべき」 克行被告の地元支援者の声

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

河井夫妻買収事件公判の最新記事
一覧

  • 河井元法相の懲役3年確定 大規模買収、控訴取り下げ (10/21)

     2019年参院選広島選挙区の大規模買収事件で、地方議員ら100人に現金を配ったとして公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われ、一審で実刑判決を受けた元法相の元自民党衆院議員河井克行被告(58)が21...

  • <河井克行元法相のコメント> (10/21)

     この度、控訴を取り下げ、できるだけ速やかに刑に服する決断をいたしましたので、ご報告申し上げます。 私は、罪を償うとともに、今後の人生の中で、出来ますれば社会に再び何かしらの貢献をすることをお許しいた...

  • 河井元法相夫妻から買収の100人全員不起訴へ 東京地検 (7/6)

     2019年の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反(買収など)の罪で実刑判決を言い渡された元法相の河井克行被告(58)と妻の案里元参院議員(47)=有罪確定=から買収の金を受け取ったとされる...

  • 今田市議への辞職勧告案を否決 広島市議会、説明求める決議案も (6/25)

     2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で元自民党衆院議員の河井克行被告(58)から現金50万円を受け取った今田良治広島市議(自民党市民クラブ、安佐北区)が公判などでの証言をその後に翻し...

  • 今田市議を書類送検 広島県警、公判で偽証容疑 (6/23)

     2019年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で元衆院議員の河井克行被告(58)=公選法違反罪で実刑判決を受けて控訴中=から現金50万円を受け取った自民党の今田良治広島市議(74)=安佐北区=が、...