地域ニュース

三次市の観光鵜飼い7月12日に再々延期 広島県のコロナ集中対策を考慮

2021/6/19 9:45
三次市中心部の馬洗川で行われる観光鵜飼い(2019年6月1日)

三次市中心部の馬洗川で行われる観光鵜飼い(2019年6月1日)

 三次市観光協会は19日、主催する観光鵜(う)飼いの開幕日を今月21日から7月12日に変更すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う県の集中対策が7月11日まで続くことを踏まえた。

 観光鵜飼いは三次市中心部の馬洗川で実施する。当初は今月1日の開幕を予定していたが、県の集中対策や緊急事態宣言を受けて、2度にわたって延期していた。9月10日までの実施期間は変更しない。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧