地域ニュース

イラン・広島の交流が映画に 8月横川で上映、毒ガス被害者が被爆地訪れ「希望」取り戻す

2021/6/19 13:59
「広島を訪れた毒ガス被害者が希望を取り戻す姿にも注目してほしい」と話す津谷さん

「広島を訪れた毒ガス被害者が希望を取り戻す姿にも注目してほしい」と話す津谷さん

 1980年代のイラン・イラク戦争で毒ガス攻撃を受けたイランの被害者と、広島市東区のNPO法人「モースト」の交流などを描いた映画が完成し、5月にイランのファジル国際映画祭で初公開された。苦しみを背負った毒ガス被害者が、被爆地とのつながりを機に、生きる希望や平和への思いを取り戻すまでを描く。広島市でも8月に上映される。
(ここまで 159文字/記事全文 892文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 津谷さん(中央)がイランでの化学兵器廃絶のパレードに駆け付け、インタビューに答える映画の一場面
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧