• トップ >
  • トピックス >
  • 【詳報】広島県内22人感染1人死亡、19日の新型コロナ 広島市のスポーツクラブクラスターさらに拡大

トピックス

【詳報】広島県内22人感染1人死亡、19日の新型コロナ 広島市のスポーツクラブクラスターさらに拡大

2021/6/19 19:53

広島県庁

 広島県内で19日、新たに22人の新型コロナウイルス感染が発表された。広島市は県内の医療機関に入院していた1人が18日に亡くなったと公表し、県内の死者の累計は166人となった。

 新規感染者が20人台となったのは2日ぶり。1週間前の12日(33人)との比較では33・3%減った。居住地別は広島市17人、東広島市3人、福山市と坂町各1人。症状別は軽症17人、無症状5人という。

 広島市の17人の内訳は10歳未満2人▽10代2人▽20代2人▽40代3人▽50代3人▽60代3人▽70代1人▽90歳以上1人。軽症が13人、無症状が4人という。6人の感染経路が分かっていない。

 このうち3人は、クラスター(感染者集団)が発生した市内のスポーツクラブ2カ所の利用者。11日に発生を公表したクラブでは50代1人が加わり、計19人になった。12日に発生を公表したクラブでは50代1人、60代1人が増え、計29人となった。

 併せて市は、市内の事業所1カ所で新たなクラスターが発生したと発表した。この日に公表した40代1人を含めて、従業員計6人の感染を確認したとしている。

 呉市の新規感染者の発表はゼロで、4日連続で確認がなかった。福山市の1人は20代の会社員男性で、軽症という。

 ほかの4人は県が発表した。内訳は東広島市が10代2人と30代1人、坂町が50代1人で、症状別は軽症が3人、無症状が1人という。うち1人の感染経路が分かっていない。

 これとは別に呉市は、公表済みの感染者のうち1人で変異株を確認したと発表した。 

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

広島県内18日、30人感染1人死亡 新型コロナ

接種予約わずか3人 1日2000人想定の広島サンプラザ会場、19・20日中止

広島県、緊急事態宣言解除後も飲食店に時短要請へ 広島、廿日市、東広島対象


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧