• トップ >
  • >
  • 候補差し替え準備加速 野党、すみ分け戦略は維持【迫る次期衆院選 島根】<上>

トピックス

候補差し替え準備加速 野党、すみ分け戦略は維持【迫る次期衆院選 島根】<上>

2021/6/19 20:40

 衆院議員の任期満了が4カ月後に迫った。通常国会が閉会し、衆院解散は9月との公算が大きくなる中、県内でも次期衆院選への準備がにわかに加速する。野党候補の異例の差し替えで波紋が広がる2小選挙区の現状をみる。

<下>「本人不在」で動き鈍く 分裂知事選、しこり今も

 「島根から日本を一緒に変えていきたい」。今月1日、松江市内で、国民民主党新人でフリージャーナリストの折川朋子氏(43)が、島根2区での立候補を表明した。直前までパリにいた元全国紙記者で、縁もゆかりもない地での突然の記者会見。元県議の珍部芳裕氏(43)に代わる党公認候補として、党本部と県連が仕掛けた「奇策」だ。

 ▽党本部公募から
(ここまで 293文字/記事全文 1243文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事