• トップ >
  • >
  • 戻る人波、期待と懸念 広島、緊急事態最後の週末

トピックス

戻る人波、期待と懸念 広島、緊急事態最後の週末

2021/6/19 23:00

多くの買い物客たちが行き交う本通り商店街(19日午後2時46分、広島市中区)

 ▽営業へ準備/また感染増

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の20日の解除が決まり、広島、岡山両県は19日、宣言期間の最後の週末を迎えた。広島市中心部では1週間前と比べて人出が増加。行き交う市民の間では、行動制限の緩和への歓迎と、ワクチン接種が終わらない中での緩みが感染の再拡大を招くとの懸念が交錯した。飲食店やその取引先の関係者は、酒の提供や営業の再開を見据えて気持ちを高ぶらせた。

【関連記事】広島県、21日独自策移行 飲食時短要請は3市の酒提供店に限定 緊急事態宣言解除へ

 中国地方最大の商店街の本通り商店街(中区)には午前中から、若者や親子連れ、高齢者たち多くの人の姿があった。歯科医へ向かっていた東区の会社員田中浩さん(56)は「中止になったイベントが開かれたり、苦境に立たされていた飲食店が再開したりするのはうれしい」と受け止めた。

 ▽「従業員の生活のためにも…」
(ここまで 387文字/記事全文 1032文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事