地域ニュース

福山・大谷地区で江戸期の「砂留」195基発見 市長に住民ら調査報告

2021/6/23 10:00
枝広市長(手前)に砂留の調査結果を報告する樋口准教授(左から2人目)たち

枝広市長(手前)に砂留の調査結果を報告する樋口准教授(左から2人目)たち

 福山市芦田町下有地周辺の大谷地区で、江戸期の砂防施設「砂留(すなどめ)」195基が新たに見つかったのを受け、住民や専門家たち4人が22日、市役所を訪れ、枝広直幹市長に調査結果を報告した。
(ここまで 94文字/記事全文 298文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧