地域ニュース

聖火トーチ、母校の閉校前の思い出に 東広島・東志和小でランナー披露

2021/6/23 21:05
金友さん(左)からトーチを手渡される児童

金友さん(左)からトーチを手渡される児童

 東京五輪の聖火ランナーで東広島市西条町助実の作業療法士金友正道さん(36)が23日、来年3月に閉校する母校の東志和小(東広島市志和町)の運動会を訪れ、聖火をつないだトーチを披露した。最後の運動会で児童に思い出をつくってもらおうと、同小が招いた。
(ここまで 123文字/記事全文 374文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧