地域ニュース

新卒採用活動中断の動き 広島県内、業績悪化や感染考慮(2020年6月30日掲載)

2020/6/30 22:48

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、広島県内の企業に新卒の採用活動を控える動きが出ている。業績の悪化や感染予防の難しさなどが背景にある。県中小企業家同友会によると、共同で求人活動をする会員企業の約2割が採用を中止したり計画の変更を検討したりしている。学生の就職活動には逆風となりそうだ。

 大卒4、5人の採用を予定していた県内の印刷会社は、今年の採用活動を中止した。商業チラシの受注が例年の約半分になるなど業績が落ち込んだためだ。担当者は「長期的なバランスを考えると採用したいが、今回はやむを得ない」とこぼす。地場大手の小売業にも選考の無期限延期を決めた社がある。
(ここまで 285文字/記事全文 658文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧