地域ニュース

黒田アートで被服支廠絵本 「子どもに伝わる作品に」

2021/6/24 22:57
被服支廠のスケッチについて説明する黒田さん(撮影・藤井康正)

被服支廠のスケッチについて説明する黒田さん(撮影・藤井康正)

 広島・長崎をテーマに創作を続けるイラストレーター黒田征太郎さん(82)が、広島市南区の被爆建物「旧陸軍被服支廠(ししょう)」を題材にした絵本を出版する準備を進めている。拠点の北九州市から現地に通ってスケッチを重ね、既に約100枚を描いた。「小さな子どもにも伝わる絵本に」と願う。
(ここまで 140文字/記事全文 674文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧