• トップ >
  • >
  • USB預託、1億円押収 広島県警などV社関係先から

トピックス

USB預託、1億円押収 広島県警などV社関係先から

2021/6/24 22:58

 消費者庁から業務停止命令を受けたVISION(V社、東京)が展開するUSBメモリーの販売預託商法を巡り、広島県警などの合同捜査本部が、特定商取引法違反容疑で家宅捜索したV社の関係先から現金約1億円を押収したことが24日、捜査関係者への取材で分かった。V社は自転車操業状態を隠し、会員を募って金を集めていた疑いもあり、捜査本部は集金の実態を裏付ける証拠とみて調べる。

【図表】VISIONの「レンタル契約」の構図
(ここまで 199文字/記事全文 775文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事