地域ニュース

鳥取市の保育士感染確認 県内4人目、約2カ月半ぶり 6月下旬広島、島根両県も訪問(2020年7月2日掲載)

2020/7/2 23:08
対策本部会議で説明する平井知事

対策本部会議で説明する平井知事

 鳥取県と鳥取市は2日、市在住で市立児童発達支援センター若草学園に勤める30代の保育士男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内4人目で、新たな感染確認は4月18日以来、約2カ月半ぶり。

 【地図】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


 県と市によると、6月19〜21日に東京都を訪れ、27日に島根県で知人を乗用車に乗せて広島県を訪問した。28日には、鳥取市役所の市民交流棟であった絵本の読み聞かせイベントに講師として参加した。30日まで勤務しており、同日に頭痛や鼻水の症状が出て7月1日に発熱した。

 濃厚接触者が広範囲に及ぶ可能性があり、県庁で会見した平井伸治知事は「濃厚接触者に限らず、広く検査を行う」とした。同居する妻と子ども3人は、2日夜に陰性が確認された。

 中国地方の新型コロナ関連ニュース

 【グラフで見る】新型コロナウイルスの影響

 関連記事「新型コロナ、広島市で新たな感染者 2カ月ぶり確認」

 関連記事「岡山市で男女2人が感染 大阪で感染か 新型コロナ」

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧