地域ニュース

「密」避け自然を生かす 庄原市西城「県民の森」再開3カ月、石川社長に聞く

2021/6/27 21:03
「新しいことに挑戦しつつ、経費の節減を徹底して持続可能な経営を目指す」と話す石川社長

「新しいことに挑戦しつつ、経費の節減を徹底して持続可能な経営を目指す」と話す石川社長

 庄原市西城町油木の広島県立県民の森が4月に再開し、ほぼ3カ月。昨年7月末に当時の指定管理者が経営破綻して休止していた施設の運営に、地元企業「アグリヒバゴン」が名乗りを上げた。同社の石川芳秀社長(69)に、新型コロナウイルス禍という逆境の中で指定管理者になった思いや運営方針を聞いた。

 ―なぜ指定管理者を目指したのですか。
(ここまで 161文字/記事全文 987文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 今年4月に再開した県立県民の森公園センター
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧