地域ニュース

女性議員、備後では1割 立候補で嫌み・セクハラも/党派超えて増やす対策を

2021/6/27 22:59

 政治分野の女性参画拡大を目指す改正推進法が今月に成立し、女性の立候補を妨げる要因とされるセクハラやマタニティーハラスメント(マタハラ)の防止策が地方自治体などに求められる。備後地方4市2町の議会は現在、全議員132人のうち女性は14人で10・6%にとどまる。現職の女性議員に課題を聞いた。
(ここまで 145文字/記事全文 895文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧