• トップ >
  • >
  • 河村氏VS林氏 自民大物2人の激突で注目の衆院山口3区 「陣取り合戦」白熱

トピックス

河村氏VS林氏 自民大物2人の激突で注目の衆院山口3区 「陣取り合戦」白熱

2021/6/28 1:00

河村氏(左)と林氏

 今夏の東京五輪明けと目される次期衆院選。全国でも屈指の激戦区になると注目を集めているのが、自民党の閣僚経験者2人がつばぜり合いを見せる山口3区だ。選挙区は山口県宇部市、萩市などからなり、1区と4区に挟まれた場所に位置する。麻生政権(2008〜09年)で官房長官だった河村建夫氏(二階派)が現職だが、かねて地盤の重なる林芳正元文部科学相(参院山口、岸田派)の3区へ転身が取り沙汰され、林氏はこのほど、その意向を固めた。熱を帯びる2人の「陣取り合戦」の経過を振り返る。

 ▽きっかけはニュース報道
(ここまで 244文字/記事全文 1930文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事