地域ニュース

人工透析施設、7月1日開所 当面週3日診療、大竹の広島西医療センター

2021/6/30 21:38
新設の血液浄化センターで打ち合わせをする平塩センター長(左)

新設の血液浄化センターで打ち合わせをする平塩センター長(左)

 国立病院機構広島西医療センター(大竹市玖波)は1日、人工透析患者を受け入れる「血液浄化センター」を院内にオープンする。広島県内の総合病院で同様の施設を設けるのは、2016年のJR広島病院(広島市東区)以来という。総事業費は約1億5千万円で、当面週3日診療し、岩国市や廿日市市など大竹市の近隣からの通院も見込む。
(ここまで 156文字/記事全文 575文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧