• トップ >
  • >
  • 被爆者、初めて13万人下回る 平均年齢は83・94歳

トピックス

被爆者、初めて13万人下回る 平均年齢は83・94歳

2021/7/1 19:02

 被爆者健康手帳を持つ被爆者が今年3月末時点で12万7755人となり、初めて13万人を下回ったことが1日、厚生労働省のまとめで分かった。平均年齢は0・63歳上がり過去最高の83・94歳。この10年は年間1万人弱のペースで減り続けてピーク時の3分の1となっており、被爆の記憶をどう継承していくかが課題となる。

 厚労省が広島、長崎両市と各都道府県が管理する手帳所持者をまとめた。所持者数は、昨年3月末の13万6682人から1年間で8927人減った。最も多かった1981年3月末(37万2264人)の34・3%と約3分の1の水準となった。このうち国外に住む在外被爆者は2785人で102人減った。
(ここまで 277文字/記事全文 574文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事