地域ニュース

境内×風鈴、癒やしの交流 三次の鷺神社、神職の円藤さん初企画

2021/7/2 13:58
境内に飾った風鈴の下で、イベントを開く友人たちと笑顔を見せる恵さん(中央)

境内に飾った風鈴の下で、イベントを開く友人たちと笑顔を見せる恵さん(中央)

 神職の仕事に可能性を感じ、夫が禰宜(ねぎ)を務める鷺(さぎ)神社(三次市十日市町)の神職になった円藤恵さん(38)が4日、境内で初めての交流イベントを開く。風鈴を飾り付け、会員制交流サイト(SNS)で発信。1300年以上の歴史を刻むと伝えられる同神社を「癒やしの場所」としてアピールする。
(ここまで 145文字/記事全文 746文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧