• トップ >
  • >
  • 広島県内17大学・短大がワクチン接種申請 10校は米モデルナ製不足で開始見通し立たず

トピックス

広島県内17大学・短大がワクチン接種申請 10校は米モデルナ製不足で開始見通し立たず

2021/7/2 20:07

 大学での新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、広島県は2日の県議会文教委員会で、県内の国公私立大・短大計26校のうち17校が国に申請したと明らかにした。このうち7校が承認され、今月中旬までに始める予定という。一方で10校は未承認。米モデルナ製ワクチンの不足で開始の見通しが立っていない。

中国地方の新型コロナワクチン関連ニュース

 県によると、7校のうち広島大(東広島市)、安田女子大・短大(広島市安佐南区)、広島文教大(安佐北区)の4校は、6月21日〜7月1日に接種を始めた。ほかに3校が承認を受けており、今月上旬から中旬にかけて開始する。

▽承認待ちの大学は…
(ここまで 273文字/記事全文 518文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事