地域ニュース

信号柱腐食26%の765本、6本は倒壊の危険性 設置40年以上対象、広島県警調査

2021/7/2 20:59
根元から折れた信号機の柱=4月25日午後7時45分ごろ、府中町宮の町5丁目(県警提供)

根元から折れた信号機の柱=4月25日午後7時45分ごろ、府中町宮の町5丁目(県警提供)

 広島県警は2日、設置から40年以上たった県内の信号柱2915本を緊急点検した結果、765本(26・2%)で腐食があったと明らかにした。うち6本は倒壊の危険性が高く、2021年度中に更新する。府中町で4月、信号柱が折れた事故を受けて点検した。

【関連記事】根元にさび、信号柱折れ車道ふさぐ 設置40年、広島県府中町
(ここまで 150文字/記事全文 548文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧