トピックス

70代女性が5850万円被害、山口県柳井【断て特殊詐欺】

2021/7/2 21:45

 柳井署は2日、個人情報の登録解除をかたる示談金や弁護士費用名目で、柳井市内の70代の無職女性が現金約5850万円をだまし取られたと発表した。山口県内では今年に入り、最も被害額が大きい。

 同署によると、1人暮らしの女性方に3月中旬、全国防犯協会を名乗る男から「個人情報が4社に登録されている」と電話があった。その後、会社やNPO法人を名乗る3人から登録解除や物品購入を巡るトラブルを告げる電話がかかるようになり「NPO法人の男は逮捕された。登録番号を教えたあんたも同罪だ」と言われたという。

 さらに、検察庁を名乗る男に示談金を要求され、4月23日までの間に市内で4回、計約5800万円を手渡し、さらに金融機関の口座へ50万円を4回に分け振り込んだ。女性が6月28日に同署へ相談し発覚した。

【関連記事】

84歳女性が480万円だまし取られた手口とは…「思えばおかしなことばかり」

80代女性、3100万円被害 山口県岩国

「だまされたふり作戦」悪用した詐欺電話多発、広島県内


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧