地域ニュース

増えぬ周遊観光、交通が鍵 新山口駅―湯田温泉、山口県の乗り合いタクシー低調

2021/7/6 21:22
県が陸の玄関口と位置付けるJR新山口駅の北口。奥右の建物がKDDI維新ホール

県が陸の玄関口と位置付けるJR新山口駅の北口。奥右の建物がKDDI維新ホール

 山口市のJR新山口駅と湯田温泉街を結ぶ公共交通が県観光の振興に課題となっている。山口県が昨年度、両地点を往復する格安の乗り合いタクシーを試験運用したところ、約3カ月間で利用は9人と散々だった。新型コロナウイルス禍もあったが認知度が高まらず、県外客に周遊を促す環境づくりの難しさが改めて示された。
(ここまで 148文字/記事全文 1213文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧