• トップ >
  • トピックス >
  • 【続報】島根県東部に線状降水帯 松江市八雲町日吉地区に「警戒レベル5」

トピックス

【続報】島根県東部に線状降水帯 松江市八雲町日吉地区に「警戒レベル5」

2021/7/7 7:17

浸水した松江市中心部の市街地(7日午前6時45分、松江市黒田町)

 気象庁は7日午前5時45分ごろ、島根県に記録的短時間大雨情報を発表した。松江市付近で午前5時40分までの1時間雨量(レーダー解析)が約100ミリに達した。松江市は同日午前6時50分に同市八雲町日吉地区に意宇川が氾濫する恐れがあるとして、警戒レベル5の緊急安全確保を発表した。→続報はこちら

 梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響。島根県東部で線状降水帯による非常に激しい雨が確認されており、土砂災害や洪水による災害発生の危険度が高まっている。

 松江市は午前5時45分ごろ、市中心部を流れる大橋川南側の橋南地区の3万4173世帯、7万1490人に警戒レベル4の避難指示を出した。6時すぎには出雲市が4万2463世帯、11万352人、雲南市が3814世帯、1万792人を対象に避難指示を出した。

 島根県と松江地方気象台は午前4時40分から5時10分にかけて、松江市、出雲市、安来市、雲南市に土砂災害警戒情報(警戒レベル4相当)を順次発表した。

 JR西日本米子支社は山陰線米子―益田間、伯備線米子―上石見間、木次線宍道―備後落合間で始発から運転を見合わせている。


この記事の写真

  • 水位が高くなった大橋川(7日午前6時49分、松江市和多見町)
  • 大雨の影響で増水している松江市内の川(7日午前6時32分、松江市法吉町)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧