• トップ >
  • トピックス >
  • 激しい雨、広島市中区などで避難指示 身の安全の確保を【動画】

トピックス

激しい雨、広島市中区などで避難指示 身の安全の確保を【動画】

2021/7/8 12:42

 大雨で土砂災害の発生する恐れが高まったとして、広島市は現在、中区や西、佐伯区などの土砂災害警戒区域の一部に警戒レベル4の「避難指示」を発令している。中区江波山、西区己斐、佐伯区五月が丘など。対象となる地域は順次広がっている。市は身の安全の確保を呼び掛けている。

【写真】7月8日広島県内の大雨被害(1)

 広島県内ではほかにも各地で避難指示が出ており、尾道市と竹原市、東広島市、熊野町は全域が避難指示の対象に。三原市では沼田東地区に危険度が最も高い警戒レベル5「緊急安全確保」が出ている。

 県内では、広島市や廿日市市、福山市、安芸太田町など10市6町に大雨警報が出ている。河川が増水し、一部は氾濫危険水位を超えている。広島市は、東区の温品・上温品小学校区と安芸区の瀬野小学校区の洪水浸水想定区域に避難指示を出した。府中町では府中大川の氾濫の恐れが高まり、石井城や鶴江地区などに警戒レベル3の「高齢者等避難」が出ている。海田町では、海田小付近の国道2号が冠水し、約800メートルにわたって通行止めになっている。

交通関連
 各地で交通機関の乱れも相次いでいる。鉄道はJR山陽線の糸崎―岩国間、呉線の三原―海田市間、芸備線の備後落合―広島間、福塩線の府中―塩町間、可部線の横川―あき亀山間が終日運休。山陽新幹線は新大阪―小倉間の上下線で運転を見合わせていたが、正午前に再開した。

 在来線の終日運休が決まったJR広島駅(広島市南区)では、駅員に運転再開の見通しなどを問い合わせる利用客の姿も見られた。南区の自営業井原大二さん(72)は「仕事で在来線を利用しようと思ったが、今日は一日駄目だと言われた。他の手段で行くしかない」と困惑していた。

 高速道路は午前8時現在、山陽自動車道と広島岩国道路の福山西インターチェンジ(IC)―大竹IC間、広島自動車道の広島ジャンクション(JCT)―広島西風新都IC間、広島呉道路の坂南IC―仁保IC間、中国自動車道の庄原IC―東城IC間などで通行止めになっている。

 山陽道の通行止めの影響で、広島電鉄(広島市中区)や広島交通(西区)が運行する高速バスも始発から運転を見合わせている。

 広島電鉄(広島市中区)が運行する路線バスは、広島県海田町の国道2号の冠水のため、広島熊野線の広島バスセンター―熊野萩原間で運転を見合わせている。阿戸線も道路が冠水したため、熊野消防署―阿戸学校間で運転を見合わせている。東広島、呉市の黒瀬川の氾濫の恐れがあるため、呉駅前(呉市)と広島国際大(東広島市)を結ぶ郷原黒瀬線も全線で運転を取りやめている。

▽災害対策本部の動き
 広島県は午前5時40分、災害対策本部を設置した。同8時から県庁で第1回本部員会議を開き、県内の被害状況や気象情報を確認した。湯崎英彦知事は「命に危険を及ぼす土砂災害や洪水がいつ発生してもおかしくない状況だ」と強調し、適切な避難を呼び掛けるよう職員に指示した。8日は同11時と午後4時に被害状況を発表するとしている。

 ▽休校情報
 県と県教委は午前9時半現在、大雨の影響で県内の公私立の小中高校と特別支援学校の計578校が休校し、112校が自宅待機にしていると発表した。
 内訳は、休校が小学校357校、中学校140校、高校66校、義務教育学校4校、特別支援学校11校。自宅待機は小学校8校、中学校73校、高校30校、中等教育学校1校。始業時間の繰り下げが小学校7校、特別支援学校2校、授業の打ち切りが高校1校であった。

広島県内各地の警戒レベルと対象世帯・人数

レベル4で「全員が避難」


【備える 防災最前線】線状降水帯
<上>局地的豪雨の発生を速報 22年めど、予報も開始へ
<中>取るべき行動は 小まめに状況確認、早めの避難を
<下>被害地域、風の条件で変化 広島工業大教授(気象学)に聞く


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧