• トップ >
  • トピックス >
  • 中国地方で交通の乱れ続く JR糸崎駅被災、松永―糸崎間など10日も運休

トピックス

中国地方で交通の乱れ続く JR糸崎駅被災、松永―糸崎間など10日も運休

2021/7/9 22:42

在来線の終日運休を知らせる案内が掲示されたJR広島駅の改札(9日午前11時8分、広島市南区)

 大雨の影響で、中国地方は9日も交通が大きく乱れた。JR西日本は各地で始発から運転を見合わせ、広範囲に冠水した糸崎駅(三原市)では復旧作業が続いた。線路点検などのため、山陽線の糸崎―三原間と松永―糸崎間、呉線三原―広間では10日も始発から運休する。岡山支社によると、松永―糸崎間の再開は早くとも12日以降という。

JR広島支社、10日始発から在来線の運転再開 一部区間除く


 JR西日本は9日、広島県内の山陽、呉線などで終日運休。山口県内の山陽、岩徳線などでは始発から運休していたが夕方以降、再開した。島根、鳥取県では山陰線鳥取―出雲市間などで終日運転を取りやめた。

 同広島支社は、在来線の運転見合わせについて、9日の大雨で線路内の点検ができなかったためとしている。広島駅(広島市南区)を訪れた平賀正彦さん(90)=西区=は「まさか終日運休とは。これからも雨が続くし、いつまで運休が続くのか」と困り顔だった。

 線路や駅舎が冠水した糸崎駅では、地下水路からとみられる線路への流水が止まらず、敷石を土手のように並べて排水路を作った。岡山支社によると、列車を分岐させる機器の交換などが必要で、10、11日も復旧作業が続く見通し。

 高速道路では、山陽自動車道で一時、大竹インターチェンジ(IC)―広島ジャンクション(JCT)が通行止めになるなどした。(高本友子、川崎崇史)

【関連記事】

 <ルポ>道流れ孤立、50人助け合い 「一日も早く復旧を」 竹原・下野の宿根地区【動画】

 中国地方、激しい雨続く 土砂災害などに警戒


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧