地域ニュース

福山でクラスター 市が国に対策班要請 接触者200人超す(2020年7月17日掲載)

2020/7/17 21:37
記者会見で、相談窓口への電話を呼び掛ける枝広市長(撮影・井上貴博)

記者会見で、相談窓口への電話を呼び掛ける枝広市長(撮影・井上貴博)

 福山市は17日、新型コロナウイルスの感染が14日に確認された市内の男性を含む感染の広がりをクラスター(感染者集団)と判断し、厚生労働省に対策班の派遣を要請した。男性が参加したバーのイベント会場にいた人の感染が岡山県内で新たに確認され、一連の感染者が6人に増えたため。市は接触者が200人を超えるとし、熱などの症状がある人の積極的な相談を呼び掛けている。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


 岡山県内で感染が確認されたのは、男性の濃厚接触者で福山市内の20代。男性が10日に参加したバー「The ROSE」(同市伏見町)のイベントに参加していた。12日に熱や嗅覚障害などを発症。16日のPCR検査で陽性となり、17日に市内の病院に入院した。

 枝広直幹市長は同日夜、市役所で記者会見し、クラスターが発生したとの認識を示した。クラスターの拡大を防ぐため広島県を通じて厚労省に対策班の派遣を要請したと説明。「接触者の特定と囲い込みをしたい」と述べた。

 市はこの日、男性が発症前の今月上旬、市内外で行動を共にしたメンバーの家族や知人、男性が勤務する飲食店「串や」(同市南町)の客たち計52人にPCR検査や抗原検査を実施した。いずれも陰性だった。市がバーの店名を公表した15日以降、市に連絡したイベント参加者も含まれる。

 ただ、男性が参加した行事での接触者は200人を超えており、バーのイベントにも約100人が参加していた。市は症状などがある場合の電話相談を呼び掛けている。TEL084(928)1350=24時間対応。(門戸隆彦)

関連記事「広島県内の感染201人に 7月公表37人、5人は広島市 新型コロナ」

関連記事「イベント参加100人、感染拡大に懸念 福山、3日間でコロナ陽性6人」

関連記事「広島市と福山市で新たに1人感染 県内194人に」

関連記事「広島市の感染、新たに6人で計100人超す 福山でも4人」

関連記事「広島県内で防衛省事務官ら4人感染 広島市や福山市」


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧