地域ニュース

「九一式射撃盤」呉の大和ミュージアムでお披露目 旧海軍戦艦の主砲照準用計算装置

2021/7/14 20:02
継ぎ目で二つに分け、内部を見やすくした九一式射撃盤の前で、取材に応じる齊藤室長(左)と戸高館長

継ぎ目で二つに分け、内部を見やすくした九一式射撃盤の前で、取材に応じる齊藤室長(左)と戸高館長

 旧海軍で主砲の照準を合わせるために使われていた射撃盤が大和ミュージアム(呉市)に寄贈され、14日に同館で除幕式があった。2019年に神奈川県横須賀市の在日米軍基地内の地中で見つかり、製造元の愛知県の会社から贈られていた。

 長さ約150センチ、幅約116センチ、高さ約85センチの箱形で、重さ約3・2トンの「九一式射撃盤」。さびたり朽ちたりしているが、数字の書かれた目盛りや、ハンドルが当時の面影を残す。同館によると、1931年に2基製造されたうちの一つで、旧海軍横須賀砲術学校で使われていたものとみられるという。

 射撃盤は、戦艦の主砲を撃つのに必要な指示内容を導き出す計算装置。敵艦の速度や潮流、風の強さなど約20項目をダイヤルで入力すると、歯車が動き、主砲の角度などの情報が載った紙が出てくる仕組み。九一式は初期のもので、後継機種の「九八式射撃盤改」が戦艦大和に搭載された。
(ここまで 383文字/記事全文 595文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧