地域ニュース

開拓史と栽培、実る過程学ぶ 三次、児童がブドウ袋掛け

2021/7/16 13:58
色づく前のピオーネに袋を掛ける河内小の児童

色づく前のピオーネに袋を掛ける河内小の児童

 三次市山家町のブドウ農家辰巳勇壮さん(44)が15日、地元の河内小1、2年生5人を畑に招き、ブドウの袋掛け作業に取り組んだ。戦後開拓で入植した祖父母の苦労話を紹介しながら、農業を続ける意義を伝えた。
(ここまで 100文字/記事全文 477文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 辰巳勇壮さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧