• トップ >
  • >
  • 「若い候補」念頭に仕切り直し 衆院島根2区、定まらぬ顔ぶれ

トピックス

「若い候補」念頭に仕切り直し 衆院島根2区、定まらぬ顔ぶれ

2021/7/16 22:48

 ▽自民は県連で選考、分裂回避へ/立民「すみ分け」白紙で参戦

 衆院議員の任期満了(10月21日)まで3カ月余りと迫る中、島根2区は与野党ともに顔ぶれが定まっていない。自民党は現職の竹下亘元総務会長(74)の引退表明を受け、分裂した知事選の二の舞いを避けるため、県連による選考で8月中旬までの決定を目指す。一方、国民民主党が予定候補の不祥事で擁立を断念した後、立憲民主党県連が新たに参戦。ともに「若い候補」を念頭に仕切り直しを急ぐ。
(ここまで 215文字/記事全文 1201文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事