地域ニュース

広島市、中国庭園移転へ サカスタ予定地、22年度以降完了予定

2021/7/16 22:57
広島市がサッカースタジアム建設に伴って移転を決めた渝華園

広島市がサッカースタジアム建設に伴って移転を決めた渝華園

 広島市は、中央公園広場(中区)へのサッカースタジアム建設に伴い、予定地にある中国庭園「渝華園(ゆかえん)」を移転する。年内をめどに移転先を決め、完了は2022年度以降を見込む。現在は来園者が少ないとして、移転を機に市民の憩いの場として再生を目指す。

【広島再開発マップ】はこちら

 市によると、スタジアムの南西部分の用地が渝華園と重なるため、移転を決めた。2カ月で解体し、瓦や柱、床のタイルなどは佐伯区の市有地で保管する。周りを囲むコンクリート製の壁は撤去する。費用はスタジアムの建設費257億円に含めており、請け負った大成建設中国支店(中区)などの共同企業体が担う。

▽中国・重慶市との友好都市提携5周年を記念
(ここまで 304文字/記事全文 642文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧