地域ニュース

校名公表の判断分かれる 自治体コロナ対応、休校期間や範囲も(2020年7月22日掲載)

2020/7/22 22:50

 広島市では21日、市立学校に通う10代の新型コロナウイルス感染が初確認されたが、学校で感染者が出た場合、他の自治体はどう対応しているのだろう。どこまで情報を公開するか、休校や学級閉鎖の期間や範囲をどうするかなど、判断は分かれる。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数


 広島市は今回、小学校や中学校などの「校種」を、学校の特定を避けるために明らかにしなかった。一方、同じ政令市の札幌市は今月、感染者が出た小学校名を発表した。「子どもは生活の中で地域住民とも触れ合う。感染の広がりを防ぐために公表した」と担当者。大阪市教委も、コロナを理由に臨時休校した学校名は全て、公表している。「正確な情報を伝えないと、かえって臆測を招く」と説明する。

 一方、広島市と同様、個人や学校に向けられる中傷を警戒する政令市も多い。さいたま市は校名、所在地を控え、校種のみを公表してきた。北九州市は5月以降に感染者が出た市立7校の校名を全て明かしているが、6月から児童生徒の性別、年代は伏せる方針に替えた。個人特定を避けるためという。

 中国地方では4月、島根県が県内の感染者1例目の生徒が通う高校名を公表した。ただ公表基準はない。「本人や家族、学校の同意が大前提。一律の線引きはできない」とする。

 どこまで休校にするかも、自治体によってまちまちだ。広島市は今回、感染者が出た学校を3日間の休校とした。今後は濃厚接触者たちのPCR検査の結果をみて判断する。

 一方、札幌市は今月感染者が出た小学校を1日かけて消毒し、翌日から学年のみの閉鎖にとどめた。感染防止とともに子どもの学びの保障を求める声もある中、「範囲を学級、学年、学校のいずれにするかは、子どもの行動範囲を踏まえて判断する」としている。(田中美千子、衣川圭) 

関連記事「広島市立学校の感染者は南区の10代 市、校種など公表せず」

関連記事「非公表「中傷を回避」 広島市と市教委、全学校に対策徹底通知」

関連記事「広島県、PCR検査対象を拡大 独自に「警戒強化宣言」」

関連記事「広島県が感染者情報5項目公表 年代や居住地など」

関連記事「療養ホテル、契約切れへ 広島県、8月使用に向け交渉」

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧