地域ニュース

芸備線「日常生活の中で必要か」 庄原市がJRの投げ掛け報告、利用促進探る

2021/7/17 22:19
「廃止」の懸念が強まっている芸備線

「廃止」の懸念が強まっている芸備線

 庄原市は16日夜、市民、観光関係者、学識経験者たちとつくる「芸備線の存続に関する協議会」の本年度の初会合を市内で開いた。JR西日本が6月、同市と新見市を結ぶ区間の運行の在り方を巡る話し合いを沿線自治体に求めて以降、地域には将来の「廃止」への懸念が広がっている。JR西との今後の協議に生かすため、住民を巻き込んだ利用促進策を話し合った。

 【乗車ルポ】崖っぷち、芸備線の明日は

 備後庄原駅(中本町)の交通交流施設であった。委員長を務める米子工業高専(米子市)の加藤博和教授をはじめ、住民組織代表、高校PTA会長たち14人が参加した。市市民生活課の毛利久子課長が、JR西の市への申し入れの経緯を報告。「JRは『日常生活の中で芸備線が必要とされているのか』と地域に投げ掛けている」と述べ、「(利用促進策は)広域と日常の両輪で進める必要がある」と説明した。
(ここまで 374文字/記事全文 940文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 芸備線の利用促進策についてアイデアを出し合った協議会の会合(16日)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧