• トップ >
  • >
  • ソウルフード、なぜ赤いのか? 赤天(浜田市)【いわみがたり 食編<1>】

トピックス

ソウルフード、なぜ赤いのか? 赤天(浜田市)【いわみがたり 食編<1>】

2021/7/18 22:45

浜田市内の居酒屋などでも人気の赤天(山本蒲鉾店)

 浜田市民に「浜田のソウルフードは?」と尋ねたら、真っ先にその名が挙がる。ハムカツのように赤く平べったい天ぷら「赤天(あかてん)」。魚肉のすり身に唐辛子を練り合わせ、パン粉を表面にまぶして揚げる。市内の3社が製造し、スーパーなどに並ぶ。

 浜田を代表する「食」だが、その歴史ははっきりしない。1893年創業の山本蒲鉾(かまぼこ)店(高田町)の山本智文代表(52)によると、祖父の故四一(しいち)さんが考案したと伝わる。

 ▽食糧難のころ、頼まれたのは…
(ここまで 224文字/記事全文 806文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事