地域ニュース

「生徒が考える校則」三津田・音戸・因島・尾道商・黒瀬・西条農の6高が名乗り 広島

2021/7/18 23:06

 服装や髪形を細かく規制する「ブラック校則」が全国で問題となる中、広島県教委が、校則の見直しに意欲を示した県立高6校の支援に乗り出す。ノウハウを持つNPO法人カタリバ(東京)と連携。生徒に合意形成の過程などを学んでもらいながら、実態に合う決まり作りにつなげる。

【データベース】学校ごとの校則、検索してみよう

 6校は三津田、音戸(以上呉市)因島、尾道商(以上尾道市)黒瀬、西条農(以上東広島市)。県教委が県立高全80校に校則の見直しを支援すると呼び掛けたところ、「人権や気候に配慮した変更が必要」「生徒にルールについて考えさせたい」と6校が応じた。
(ここまで 273文字/記事全文 895文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧